グアテマラの歩き方by旅するフットボーラ―masato

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。退職後は治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち、1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンス・子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

価値観の違いで別れるのが子供、異なる価値観を擦り合わせるのが大人





「価値観の違いで別れた」
以前はもっともらしく聞こえていたのですが、最近は「これちゃうな」と違和感を感じる表現となりました。



付き合ったり結婚したりしていても他人は他人。価値観が違くて当たり前で。生まれた場所も、親も(もしかしたら親がいなかったかも)、経済状況も、周りの友人たちも異なった2人が関係を築こうとする訳だから、そりゃ「お互いが違うことを前提」にしないと上手くいきません。



まだ付き合いたての頃は「異なる価値観の擦り合わせ」が出来ていても、時間の経過と共に色々なことが「当たり前」になりがちだと思います。異性関係に限らず職場や家族間、広く人間関係において「面倒臭くても話し合うこと」でしか理解は進まないと実感する今日この頃でした。





スペイン語無料レッスンはじめました!】
Instagram
YouTube

【masatoホームページ】
【twitter】
【instagram】
YouTube

youtu.be

------------------
僕の活動紹介冊子・masatoマガジンを
無料配布中です(B5サイズ 8ページ)

f:id:masafreestyle:20180819184745j:plain
お申し込みはこちらのフォームより
宜しくお願い致します↓
https://ws.formzu.net/fgen/S65746064/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー