グアテマラの歩き方by旅するフットボーラ―masato

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。退職後は治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち、1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンス・子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

尊敬されるかは自分次第だが、尊重は誰しもがされるべきもの





肌色ってどんな色ですか?



日本に住んでいると見た目/容姿が似通った人がほとんどなので、我々はクレヨン/色鉛筆で「肌色」と聞くと色のイメージが湧きます。しかし、例えば中南米の国々ではどうでしょう?肌が黒い人・茶色い人・白い人がいます。髪の毛も様々です。最近だとテニスの大阪なおみさんの件もありましたね。



少し脱線しました。
もっと身近なことでも「尊重」について考えるべき事例はたくさんあります。学校でのイジメ,女性蔑視,ブラック企業
最も分かりやすいのは家族関係や男女関係だと思います。いくら近い関係であっても超えてはいけない線がある。



僕自身まったくできた人間ではなく、他人への尊重を欠いてしまい傷付けてしまったと反省することは沢山あります。
「〜すべき」「〜しなくてはいけない」論は好きではありませんが「尊重」については誰しもがされるべきだと俺は思う。





スペイン語無料レッスンはじめました!】
Instagram
YouTube

【masatoホームページ】
【twitter】
【instagram】
YouTube

youtu.be

------------------
僕の活動紹介冊子・masatoマガジンを
無料配布中です(B5サイズ 8ページ)

f:id:masafreestyle:20180819184745j:plain
お申し込みはこちらのフォームより
宜しくお願い致します↓
https://ws.formzu.net/fgen/S65746064/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー