グアテマラの歩き方by旅するフットボーラ―masato

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。退職後は治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち、1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンス・子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

調子に乗るな←1度たりとも波に乗れない人間が言っても説得力ゼロ





「調子に乗るな」
過去幾多の日本人に呪いをかけてきた言葉の1つだと思います。



お笑い芸人で一発屋と呼ばれる人たちをあざ笑う空気が嫌いです。僕は「一発当てることだけでも凄いじゃん?」と思う人間です。たとえ一瞬で忘れ去られようが短時間でも世間に認知されるって中々出来る事じゃない。



人生でたった一度でも大きな流れ・ツキ・運を掴んだ経験のある人は「調子に乗るな」とは言わない気がする。僕なら「調子に乗って赤っ恥かいて、その後が大事だと思うよ」と言います。特に若者はどんどん調子に乗ればいい、ていうか乗ってみろ!応援しています。一緒にビックウェーブに乗りましょう。




一発当てたいか否かは個人の自由だし選択できます。でも、どんな分野であれ全人類が一発当てようとして行動を起こしたら面白い世の中になるんだろうなと想像しています。



大した実績もないくせに「調子に乗るな」と若者の勢いを削ぐだけのオジサン・オバサンは完全フルシカトで大丈夫ですよ。


 

【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/freestylefootball/
twitter
https://twitter.com/masatonstyle
instagram
https://www.instagram.com/masato.style/

YouTube