フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

「生きてるだけで丸儲け」西日本豪雨被災者の死生観





皆さんにとって今日という日はどんな1日だったでしょうか。嬉しい・楽しい・気持ちいい…そんなポジティブな事ばかりの日もあれば、パートナーと喧嘩したり仕事で失敗をして落ち込んだりしている人も多くいる事と思います。身近な人が亡くなったり多額の借金を背負ってしまった人もいるかも知れません。



でも、たとえ好ましくない事が起きたとしても「生きて辛さを感じている」だけでも結構ラッキーだなと最近思い始めてきました。自分がいざ当事者になったらそんなに余裕はないんだろうけど…



なぜかと言うと先月の西日本豪雨で自分が被災して体育館生活をしたり避難所でのパフォーマンスを含めボランティア活動をしたりと、多くの人が亡くなった土地を訪れたから。頻繁に報道されていた岡山県倉敷市真備町も車で回ったんですが、ズタボロになった建物なんかを見るとやるせないんですよね。



ご安心下さい。僕は「さあ!今日から両親や友人にありったけの感謝をしましょう!」なんて気持ち悪い事は言いませんので。感謝は内から湧き出るもので他人に強要されるようなものではないから。



人間て本当コロッと死んじゃうんです。1年間の中南米生活中も肌で感じていたんですが改めて、人間すぐに忘れちゃうし。たとえ今日がクソみたいな1日だったとしてもそれでOKだと思います。死んだらそんなことも出来なくなるし。



戦争の特番もやるしお盆の時期だし、生き方や死ぬ事について是非考えてみて欲しいです。生きてるだけで丸儲けなんやで?タレントのIMALUさん(明石家さんまさん×大竹しのぶさんとの娘さん)の名前の由来にもなっている言葉をブログタイトルに用いました。




【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/freestylefootball/
twitter
https://twitter.com/masatonstyle
instagram
https://www.instagram.com/masato.style/

YouTube