フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

なぜイケてる仕事人は楽しく嬉しそうに働くのか?ショボい仕事人との決定的違い





自分の提供するサービスや製品が世界を幸せに変革していく様子を具体的にイメージできるから。だからワクワクして自然と笑顔で仕事をしてしまう。イケてない仕事人は世の中の幸福を創造する将来像をイメージなんてできない。だから死んだ目で仕事をしている。



なぜ分かるのか?
僕が両方を経験しているから。サラリーマン時代の僕は言われた事をこなす事で精一杯(そもそも振られる仕事量が半端じゃねえ)。上司や職場の人からは一切褒められずけなされる。残業代も正確に支払われない。早朝から深夜まで働き続けボールを蹴る時間なんてほぼゼロ。そんな環境で笑えるハズもない。幸せな将来像も描けない。なぜなら自分が不幸だから。だから僕は2年で退職して世界へ飛び立った。



イケてる仕事人は全てが違う。
毎日ドキドキして仕事に取り組んでいる(過労&寝不足で心拍数が上がってるんじゃないよ)。早く世の中を便利に幸せにしたいと心から思ってる。だから土日も関係なく働いてしまう。だって楽しいから。サザエさん症候群とか抜かしてるショボい仕事人が一度たりとも味わったことのない感覚ですね。イケてる仕事人は常にパワフルなのはこういう理由です。そして彼らの原動力はワクワク感だからこそ「面白いかどうか」で決断します。金になるかどうかじゃない。
ただしイケてる仕事人にも休養は必要。ハイテンションで高次元のことを考え続けなおかつ動き回っているからショボい仕事人の100倍くらい疲労してしまう。大事なのは疲労であって疲弊ではないという点。休養の終わりが近づくにつれて「はやく仕事してぇ」て思うんです。



たった2年ちょっと前までブラック企業戦士&ショボい仕事人だった僕は、W杯試合前のコロンビア大使館イベントで自分の特技で観衆を熱狂させお金を貰うまでに成長しました。大使館てめちゃくちゃオフィシャルな場所でして、言うなれば僕はコロンビアという国からお墨付きを頂いた訳です。ショボい仕事人からイケてる仕事人への変身はそう難しくないし誰にでもできます。僕がその証明です。



サザエさん症候群なんて感じるクソダサい仕事はさっさと辞めて、一緒に世界を便利で幸せな場所にしようぜ。


 

【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/freestylefootball/
twitter
https://twitter.com/masatonstyle
instagram
https://www.instagram.com/masato.style/

YouTube

【2018年6月28日(木)13:30~トークショー@兵庫(満員御礼)】

【2018年7月7日(土)10:00~@福岡フリスタ無料パフォ&体験会】