トリリンガル&フリースタイルフットボーラーmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

技術に逃げるのは簡単。スキルの先に生き様を見せてこその感動





究極、ボールを蹴ってる時に死んでもいいと思えるかどうか。



専門的に身に付けた知識や技術を披露すれば、他人に喜んでもらえるし褒めてもらえて拍手さえ貰うこともあるだろう。でも、たぶんそれで終わり。「わー、すごーい」だけ。その先の心震わせる感動とか思わず涙を流させる気迫は伝わらない。



それはなぜか?
専門知識・技術とは披露する側にとっては当たり前かつ日常の姿だから。だから技術に逃げるのは簡単なの。その人にとっての日常を見せるだけだから。もちろん高い集中力を持って長い時間取り組んだからこその専門知識・技術だから、それはとても価値のあることだ。世界最高難度の技なんてそれを習得するだけでも尊い。それで感動を与える事もできる。



でも。これはもう好みの問題だけど。僕は技術よりもその先の「生き様」や「思考」が見たい(技術から生き様が見える事もあるし、逃げじゃない技術は大好き)難易度は低くても音との合わせ方・体の向き・足の運び・服を使った工夫・お茶目さとカッコ良さとのギャップ・全体のシルエットまで考えられた動きなんか見せられたら痺れる。



どれだけ脳みそに汗かいたか・工夫したかが一番見たい。上っ面じゃなくて心から楽しんでいる様子も好きだし見たい。どれだけ自分の心を震わせて、なおかつ他人の心にまでも振動を届けられるかで感動の総量は決まる。そしてその生命エネルギーは常に見せられる訳ではない。だからこそいい。



本日、2018年サッカーW杯ロシア大会日本対コロンビア(21時キックオフ)試合前パフォーマンス@コロンビア大使館という素晴らしい機会をもらった。僕が27年の人生で感じてきた喜び・悲しみ・怒り・孤独、そしてコロンビアをはじめ中南米諸国で感じてきた驚き・困惑・感動・感謝を表現し伝えてくる。

f:id:masafreestyle:20180619084912j:plain

撮影:町野健



昨日大阪を震源としたマグニチュード6の巨大地震があった。グアテマラでは未だに火山噴火の影響が続いている。パフォーマンス中に東京で大地震があるかも知れない。ボールを蹴ってる時に死んでも悔いはない、それどころか僕は幸せだ。




【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/freestylefootball/
twitter
https://twitter.com/masatonstyle
instagram
https://www.instagram.com/masato.style/

YouTube

【2018年6月28日(木)13:30~トークショー@兵庫(満員御礼)】

【2018年7月7日(土)10:00~@福岡フリスタ無料パフォ&体験会】