フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

岩手とグアテマラの意外な関係!140年以上前に東北から中米へ移住した1人の写真家





現在岩手県に滞在中なのですが、私が親善大使を務める中米の小国グアテマラ岩手県の意外な繋がりをご紹介します。1875年に中米へと渡った写真家・屋須弘平(やすこうへい)さんです。



こちらの屋須さん、まさに波乱万丈・紆余曲折の人生を送られました。簡単に略歴を。1846年に岩手県藤沢町で生まれ子供時代に医学・天文学・フランス語・スペイン語を学びます。3年ほど藤沢で医師として開業→1875年に天文学者を目指しメキシコに渡る→政変の影響で隣国グアテマラへ→写真を学びグアテマラ人と結婚→アンティグア(現在世界遺産の街)にて写真館を経営→1917年に亡くなる。



山に囲まれたアンティグアの街並みに遠く離れた生まれ故郷の岩手を重ねた事と思います。

f:id:masafreestyle:20180515125342j:plain

f:id:masafreestyle:20180515125415j:plain

f:id:masafreestyle:20180515125518j:plain

f:id:masafreestyle:20180515125638j:plain

f:id:masafreestyle:20180515125750j:plain
「岩手の人は外に出たがらない」とよく耳にしますが140年以上も前に地球の裏側に移住した岩手人がいますよ。岩手の若者よ、屋須さんに倣って世界へ飛び出せ。



グアテマラに魅せられた先人に想いを馳せ岩手を満喫しております。明日は世界遺産である平泉の中尊寺龍泉洞という鍾乳洞へ参ります。




【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/freestylefootball/
twitter
https://twitter.com/masatonstyle
 Instagram
https://www.instagram.com/masato.style/

YouTube

www.youtube.com