トリリンガル&フリースタイルフットボーラーmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

たとえ無理矢理にでもカッコつける事の重要性:岩手県一関市ツアーより





日本で初めてサイン攻めに遭遇しました@岩手県一関市(グアテマラ・メキシコ・コロンビアでは経験済み)f:id:masafreestyle:20180515115638j:plain
スペイン語を通訳してもらっている様子



5/12(土)13(日)の2日間で合計4ヶ所にてフリースタイルフットボールのパフォーマンスの機会を頂きました。子供向けのイベントが多く沢山のお子さんに僕の技を見てもらいました。そこでビックリしたのですが、12日午前中の1番最初のイベント終了後から「サインちょーだい!」と列をなして熱烈に求められるんですね。ボールをはじめサッカーシューズやすね当てにもサインをしました。2日間で150人分くらいは書いたのかな?グアテマラの田舎の学校で全校生徒にカタカナで名前を書きまくった事を思い出しました。



個人的にはサインを書くのって好きじゃないんですが、自分の子供時代を思い出すと確かにプロサッカー選手のサイン入りグッズを狂ったように欲しがっていたなーと思い出し。岩手の少年少女たちにとってカッコ良いと思われる存在になれた事は誇らしいし、子供の前ではスターを気取ることって超大事なんじゃね?とまで思うに至りました。数日後には考えが変わるかも知れんけど笑



子供たちからスターのように扱われたら、無理矢理にでもそれらしく振る舞う技術・フリも必要かも知れない。




【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/freestylefootball/
twitter
https://twitter.com/masatonstyle
instagram
https://www.instagram.com/masato.style/

YouTube
youtu.be