フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

不謹慎と言ったもん勝ち!悪質クレーマーに屈する狂った日本社会





日本では連日連夜「不謹慎早押しクイズ大会」がおこなわれている。個人の意見に過ぎない小さな声も不謹慎という魔法の言葉とネットを使えばあら不思議、それらしく聞こえてくる日本社会!生き辛さ&息苦しさ万歳!



ってな雰囲気が日本の現状。正しい正しくない以前にそれつまんなくね?と僕は思う。以前もブログに書いたけどすっかり定着した飯テロという表現の方がよっぽど不謹慎だから。たかだか一晩ごときの空腹で人は死なねーけど本物のテロでは何人も血を流して死ぬんだよ。飯テロを連呼してるバカ共は世界で本当にテロや内戦が起きている国に行ってみるといい。二度とそんな軽々しい言葉使えなくなるから。



先日東北地方は宮城県気仙沼を訪れた。東日本大震災津波・火災等で壊滅的な被害に遭った土地だ。そんな気仙沼にて震災時にパチンコ店で勤務されていた方にお話を聞く機会があった。
「震災後、お店は行列だったんです」衝撃の言葉だった。食料や物資も十分になく電気も届かない。近親者が亡くなった人ばかりだったと予想される。そんな極限状態でも、いや極限状態だからこそ人間は娯楽を求めるものらしい。お店にとってもお客さんにとっても需要と供給がマッチした状態だった。そんな状態に水を差したのがマスコミによる不謹慎という報道だった。自粛ムードという謎の言葉が世に溢れ、それからというものお店は閑散としたらしい。



弱者になりすませば何でも言いたい放題で「不謹慎」が必殺の飛び道具。こんなクズ共に絡まれても屈するな。「あなたは不謹慎と思われるかも知れませんが、我々は至って大真面目に活動しております。意見の相違ですね、以上」でよい。強く出ろ。
「不謹慎言いたがり」は間違いなく日本を停滞させている要因の1つだ。更にこいつらの悪質クレームをつけ上がらせている企業・役所も同じ。たった一言不謹慎て言われたぐらいでパッとやめちゃうような企画なのかよ。ガッカリだよ。息苦しいし何よりつまらねぇんだよ。



良いものは良い。相応しくないものは相応しくない。シンプルにこれでいい。いかに不謹慎の壁をブチ壊すかが日本の課題だ。




【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/ 
twitter
https://twitter.com/masatonstyle
instagram
https://www.instagram.com/masato.style/
YouTube
youtu.be