フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

デキない上司の言葉遣い「ちゃんとやれよ」じゃ部下に全く伝わらない





上司と呼ばれる役職者の皆様、職場でこんな言葉遣いしてませんか?「ちゃんとやれよ」「しっかり頼むよ」ハイ、こんな事を言っちゃうあなたにはダメ上司の烙印をしっかりと押させて頂きます。



会社の上司に限らず先生やスポーツ指導者など、他人に物を教える全ての人に当てはまりますね。例えば新入社員への接し方。彼らは職場に配属されたばかりで緊張の日々を過ごしています。そんな中で額にダメ上司の烙印をされたあなたから「しっかりね」と言われても「ポッカ~ン…?」です。その言葉には何も具体性が無いんです。一応「…はい」とは言うものの頭の中は大混乱してますよ。



早く終わらせる事?適度に休息を取りながら働く事?得意先の名前を覚える事?あなたの「しっかり」「ちゃんと」が指し示す内容は何ですか。抽象的な言い方で相手を混乱させていませんか。是非振り返ってみて下さい。



曖昧な言葉遣いでも察するのが日本人・日本語。自分が相手を察する分には構いませんが「察してよ」は通用しませんので。何回もコミュニケーションを取っている相手になら「ちゃんと」「しっかり」で良いかも知れませんが、少なくとも新入社員には具体的かつ懇切丁寧に説明してあげて下さいね。




【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/freestylefootball/
twitter
https://twitter.com/masatonstyle
instagram
https://www.instagram.com/masato.style/

YouTube
youtu.be


2018年4月23日(土)宮城・気仙沼ツアー
2018年4月29日(日)~GW招致について