グアテマラの歩き方by旅するフットボーラ―masato

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。退職後は治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち、1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンス・子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

「世界オモシロ紙幣」その② グアテマラ通貨5ケツァール札の意外な素材とは?





グアテマラ国旗と共に
5ケツァール札(約75円)f:id:masafreestyle:20180412124137j:image
うす茶色です。



逆面はこちら。
f:id:masafreestyle:20180412125507j:imageグアテマラの全ての紙幣には国鳥ケツァール(尾の長い緑の鳥)が飛んでいます。



こちらのお札はプラスチック素材なんです。f:id:masafreestyle:20180412124144j:image
国旗の水色が透けているのが分かりますか?



5ケツァール札に加えて1ケツァール札もプラスチック製です。初めて手に持つと違和感を感じますよ。紙製の旧紙幣も流通しているので、プラスチック製と紙製のお札の違いを現地で感じてみて下さい。




【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/freestylefootball/
 2018年4月23日(土)宮城・気仙沼ツアー
2018年4月29日(日)~GW招致について
twitter
https://twitter.com/masatonstyle
instagram
https://www.instagram.com/masato.style/
YouTube
youtu.be