フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

いちいち「頑張ります」なんて宣言しなくていい、行動見れば全部分かるから





「頑張る」という言葉・表現が苦手です。ぶっちゃけると大嫌いです。僕はフリースタイルの子供教室を開催したり、中高生に向けて講演をしたり、人事として勤務経験もあるので「過程」はもちろん重視します。でもいい年こいた大人ならやっぱり結果で見られますよね。にも関わらず「頑張る」と言っときゃいいやと思ってる人、いますよね。それ、バレてますからね。



人事だったサラリーマン時代、派遣社員として勤務予定の方から幾度となくこんな言葉を聞きました。「月曜日から一生懸命頑張りたいと思います、宜しくお願いします」と。こんな事を言う人に限って月曜に来ないんですよね。この言葉に何回裏切られたことか。こんな経験があるものですから「頑張ります」発言は地雷ワードにしか聞こえなくなりました。あの時の皆様、素敵な経験をどうもありがとうございました。



「頑張ります」って薄っぺらく聞こえてしまうんです。僕の中では「共感しました」と同じで何も言っていないのに等しいんですよね「頑張ります」って。「そんなもんはどうでもいいから具体的にいつから・どこで・どんな行動を取り始めるの?金はいくら必要なの?」とか意地悪に問い詰めたくなります。だってさ、もし皆さんが借金取り立て屋だとしたらですよ?「借金は頑張って返済します!」なんて言われても信用できんでしょうが。それと同じです。



ただ勘違いして欲しくないのですが「行動という結果」を出すことが大事であって「成功という結果」は求めていないのです、僕はね。まあ最終的には成功も求めたいのですが笑、打席に立たないことには勝負の判定さえできません。どんなに崇高で気高い思いを持っても実際に行動を起こさなければ机上の空論。まずは行動を起こして「変化」を体験してくれ。



曖昧でペラッペラの「頑張ります」なんて言わずとも、ただ黙々と淡々と積み上げればいい。




【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/ 
twitter
https://twitter.com/masatonstyle
instagram
https://www.instagram.com/masato.style/
YouTube
youtu.be