グアテマラの歩き方by旅するフットボーラ―masato

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。退職後は治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち、1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンス・子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

パワーポイントでプレゼンをする人間が絶っ対にしてはいけないこと





最初にスライド作成から始めてはいけない。



相当なプロならともかく普通の人間がスライドから作り始めるとほぼ100%の確率でプレゼン全体が説明くさくなり、その結果聴衆を心地良い眠りへと誘う魔法の睡眠薬が完成します←これは過去僕自身が犯した過ちです。



例えば新製品のプレゼンで説明ばかりになるならカタログや冊子を渡せば十分なはずです。説明プレゼンならぬ音声付きカタログなんて誰からも望まれていません。営業や恋愛等すべてに通じることですが「それを手にした人がどんな利益を得られるのか」を伝え「行動を起こしてもらう(製品を購入してもらう・デートしてもらう等)」ことがプレゼンの目的です。であれば必ずしもパワーポイントによるプレゼンが正解ではないかも知れません。



パワーポイントのスライドを小奇麗に作ることよりも「伝えたい想い・メッセージ」を明確化することが最重要だと考えます。




【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/ 
twitter
https://twitter.com/masatonstyle
instagram
https://www.instagram.com/masato.style/
YouTube
youtu.be