トリリンガル&フリースタイルフットボーラーmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

日本からブラック企業を駆逐する簡単な方法は中南米のレジ打ちから学べ





低賃金労働の成果は低品質でも仕方ない。高品質のモノ・サービスを提供したくば使用者は労働者に適正な賃金を払うべし。(高額でも詐欺まがいな商品が多数実在するのは悲しい現実だけど)



なぜ日本にブラック企業が蔓延しているのでしょうか。それは従業員やバイトがブラック労働をするからです。ブラック企業ばかりクローズアップされますが、その裏には必ず上からの言いなりとなるブラック労働者が存在します。とすれば働き手がブラック労働を放棄すればいい。ブラック労働なしには操業できない企業なんかさっさと潰れちまえ。



いかなる状況でも歯をくいしばって働く日本とは打って変わって中南米諸国。僕は300日ほど現地で生活しましたが彼らはま~うまい具合にサボりますからね。見ていて気持ちいいくらいです。例えばスーパーのレジ打ち。有り得ない人数の行列ができようが有り得ない遅さでだらだらとピッピッやります。急ぐ気配は全くなし。警備員もイヤホンで音楽聞きつつスマホのゲームに熱中してます、肩からライフル下げてるけど。たぶん彼らは給料が低いんでしょうね。(あいつら給料高くてもサボるかも…と思ってきちゃったけどそれはスルーする笑)



タイトルでは中南米と書きましたが「低賃金→低品質労働」の構図は恐らく世界共通だと想像します。日本の労働者よ。給料が安けりゃ安いなりの働き方でいいんだ。低賃金でコキ使われなくていい。ブラック労働を放棄することからブラック企業の駆逐が始まります。




【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/ 
twitter
https://twitter.com/masatonstyle
instagram
https://www.instagram.com/masato.style/
YouTube
youtu.be