フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

慎重派のあなたが怖いもの知らずの行動派に変身する魔法の思考法





リスクを徹底的に検証すればいい。



怖いもの無しな性格でパワフルに行動を起こし続ける人っていますよね。時に無鉄砲と思える言動をしても成功を収めてしまうその姿に憧れる人も多いと思います。僕もたまにこう言われます「大企業の人事を辞めてグアテマラをはじめ中南米に飛び込んで1年間も旅して個人事業主になるなんて勇気があるよね」と。しかし実際の僕はビビりでどちらかと言えば慎重派な人間です。このギャップって何なんだろうとずっと考えていました。



僕の考えでは怖いもの無し・怖いもの知らずという表現が正確ではありません。勇気ある行動派と思われる人も少なからず恐怖心は抱いているはずです。ここで慎重派と行動派を分けているのはこれ「リスクを検証したか否か」
負けると分かりきっている戦に無謀に突っ込んでいく人はいません。(たまにいるかも知れませんが笑)行動派と言われる人たちは「リスクを分析した結果、恐怖の対象に飛び込んでも勝算がある」と判断したんです。だから行動を起こせるし勝利も収めることができる。恐怖を感じないのではなく、恐怖を乗り越えた心理状態です。



僕の例でいえば治安の悪いグアテマラで考えられる最大のリスクは死ぬことでした。しかし、度を超えた残業で過労死しかけた会社員時代の経験・そんな会社員には2度と戻りたくないという思い・スペイン語を習得した姿(しかも格安で)・グアテマラに詳しい希少価値の高い人材になれる、といった要素を天秤に掛けて比較検証した結果「グアテマラに飛びこむ方が得だ」という結論に至りました。だから慎重派の僕でも思い切った行動が取れたのです。



負け戦に突っ込んでいくのは愚かです。しかし勝てる戦に飛び込まないのはもっと愚かです。ヤケクソの無鉄砲で自滅することなく「正しい行動力」を身に付けて下さい。




【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/ 
twitter
https://twitter.com/masatonstyle
instagram
https://www.instagram.com/masato.style/
YouTube
youtu.be