フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

全営業マンよ、この相槌の取扱いは要注意!地雷を踏まず契約を勝ち取れ





「存じ上げております」「拝見しました」
要は「その情報は既に知ってます」という相槌・意志表示ですね。これはマジで取扱い要注意で。良かれと思って濫発していると相手に確実に嫌われます。



あなたはやっとの思いでアポを取りつけ新規取引先のオフィスへ出向くことになりました。気合いを入れて事前にホームページ・新聞・各種SNSから念入りに相手の情報収集をします。せっかく知識を仕入れた訳ですから当日は「あなた(あなたの会社)のことを知ってますよ・興味がありますよ・分かっていますよ」と必死にアピールしたいですよね。そこでいちいち「存じ上げております」「拝見しました」と相槌を打ってしまうのです。しかしこれ、相手の立場に立って考えると






うざいんじゃボケェ!!!お前はおれの何を知っているんじゃコラァ!!!






です。
話し相手に「その情報を既に知ってます」系の相槌を連発されたら、こちらは話す気が失せますよね。相手の立場になって考えれば当然のことなのですが、自分がいざ営業となるとこれが中々難しい。好意を持ってもらいたいが為に発した言葉が完全に裏目に出ているんです。相手が自ら話してくれている状況って有り難いんですよ。黙られた方がキツいですよね。あちらの言葉は遮らない。気持ち良く話してもらい聞き役に徹する。仕入れた知識を披露したい瞬間が訪れてもグッと堪える。ここぞの場面で仕入れた知識を披露できるから効果抜群なんです。



僕の死ぬほど恥ずかしい過去の経験がどなたかの役に立ちますように!




【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/ 
twitter
https://twitter.com/masatonstyle
instagram
https://www.instagram.com/masato.style/
YouTube
youtu.be