グアテマラの歩き方by旅するフットボーラ―masato

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。退職後は治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち、1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンス・子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

モノではなく勉強や体験にお金を使え→知識や経験を持ってる人には金払え!





専門家の時間を奪っちゃダメなんですよ。



自己啓発とかでよく言いますよね。「若い間はお金を貯めるよりもお金を使って経験を積め」「勉強や体験への投資は惜しむな」と。この考え方に反対する人はあまりいないと思います。僕もサラリーマン時代の貯金でグアテマラスペイン語留学したり世界を旅したから本当によく分かる。



じゃあ知識や経験を持ってる人・専門家に教えを乞いたければ金払えって話なんです。



SNSが発達した現代では著名人にもめちゃくちゃ簡単に連絡することが可能になりました。クドクドと長文を送りつける事も可能です。振り返ると僕も若かりし頃は勢い余って無礼を働いたことがあるかも知れません。いや学生ならまだしもね、いい年こいたおっさんおばさんがそれやってたら痛いよ。それを予防するには「質問は有料です」と提示するのが良いですね。クドクド長文メッセージであっても「この人面白そう。会ってみたい」と感じてもらえたら良いんですけどね。逆に言えばわざわざ時間を費やすだけのメリットをこちらが提示できなければスルーされて当然ですよね、だって忙しいんだもん。



「無料で質問募集」みたいな企画はありますが、経験を持ってる人から話を聞きたいなら開催されてるセミナーに参加するなり自分でお金を払って招致するなりして下さい。1度質問される側に立って冷静に考えてみて下さい。見ず知らずの人間から永遠に続く長文を送りつけられて頭にあるのはただ1つ、「お前誰やねん」ですから。おめーと友達じゃねーんだよ。




【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/ 
twitter
https://twitter.com/masatonstyle
instagram
https://www.instagram.com/masato.style/
YouTube
youtu.be