グアテマラの歩き方by旅するフットボーラ―masato

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。退職後は治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち、1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンス・子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

他人と競争する人生は疲弊する。過去の自分と向き合う人生へシフトせよ





フリースタイルフットボール用の靴を新調したので本日動画を撮影してきました。

New shoes test #nike #tiempo #freestylefootball #fslife #lower #shapeofyou #浅いけど #初メイク #埼玉 #サッカー #リフティング #股関節 #半死 #帽子は踏まない




この連続技を動画に収めるのに費やした時間は2時間を超えます。しかし、残念ながらフリースタイルフットボーラーからすればこの技の難易度は高くありません。しかも僕の跨ぎは浅く綺麗ではありません。他人と比較競争する人生を生きている人はここで落ち込むことになります。「自分はこんな技さえ満足にできないのか…」「撮影に2時間もかけてしまうなんて自分は能力がないんだ…」てな感じです。他人と競争することで燃え上がるタイプならいいかも知れません。しかし世の中そんなタイプの人間ばかりでない事は容易に想像がつくと思います。



一方、過去の自分と向き合う人生を生きる人は上記のような思考にはなりません。例えばこの撮影を終えた僕の心境は下記のようになります。「2時間も諦めずに挑戦し続ける事ができた」「極寒の中で足も痛いけど最後にはボールを拾い上げる動画を撮れた」「ラストタッチで終わっていた昨日までの自分よりも成長できた」「昨日までの不可能を可能にした自分最高!フォー!」



どちらの思考法が幸せを感じやすいでしょうか?言うまでもなく後者です。ていうか、自分が成長したのに落ち込むって何やねん。子供時代の受験やスポーツの世界は他人との競争です。大人になっても営業ノルマを達成できずに上司からパワハラを受けている人も多いかも知れません。しかし他者と競合しない分野・世界を開拓して人生に疲弊しないのが本当の大人ではなかろうかと思うのです。



動画撮れてめっちゃ嬉しいぜ!ウヒョ~!が本ブログのまとめとなります。




【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/ 

twitter
https://twitter.com/masatonstyle
instagram
https://www.instagram.com/masato.style/

【親善大使を務めるグアテマラの映像】

www.youtube.com