フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

2017年最も驚かされたで賞!堂々の第1位は在グアテマラ大使館からの注意喚起





グアテマラに滞在していた2017年5月20日に大使館から注意喚起のメールが届きました。このメールは外務省のたびレジ(旅先の最新の安全情報が日本語で届く無料メール配信サービス)に登録している全員に届いたものです。首都グアテマラシティにて自動小銃を用いた発砲および殺人事件が発生したとのこと。一部抜粋します。




 ” 自動小銃は,1秒間に10~15発もの弾を発射でき,かつ遠くの人を殺傷できる(有効射程約500m)など威力もあります。本銃器が犯罪に利用されると,流れ弾などにより多数の死者がでる可能性もあります。外を出歩く時などは,周りによく注意するとともに,銃などの発砲音が聞こえた際は,堅い遮蔽物に隠れるか,その場を離れて安全な場所まで逃げるなどの回避行動をとってください。”




射程が500mもある銃の流れ弾なんぞ喰らったら、注意のしようもなくどこから弾が飛んできたかも分からずに即死ですね。無事に生きて返ってこれて良かったなと改めて胸を撫で下ろしています。グアテマラには近いうちにまた行くけどね!




超ブラック大企業で過労死しかけ「会社に殺されるくらいなら自分の意志で訪れたグアテマラで殺された方がよっぽどマシだ」と考えているmasatoを2017年も見守って頂きありがとうございました。2018年もどうぞ宜しくお願い致します。








【銃の流れ弾が500m飛んでくる国で200日間スペイン語を学んだ私のホームページはこちら↓】
https://masatostyle.jimdo.com/

Instagramはこちら↓】
https://www.instagram.com/masato.style/

【親善大使を務めるグアテマラYouTube映像はこちら↓】

www.youtube.com