グアテマラの歩き方by旅するフットボーラ―masato

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。退職後は治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち、1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンス・子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

キングコング西野氏の言う「信用経済」は本当か?世界旅行で確認してきた





うん、本当だった。キンコン西野氏の言う「信用経済」「信用の貯金をしろ」「信用が数値化される時代」を今回の世界旅行で身を持って実感してきた。




話は2013年9月にまで遡る。当時フリースタイルフットボールの世界大会が東京で開催されており、仲良くなった選手6人と浅草・スカイツリー観光をする運びとなった。というか「どこか案内しろ」ってノリだったけど。日本人である僕はもちろん彼らの専属ガイド。電車の乗り換え案内から切符の買い方から日本らしいお土産探しから6人からバンバンされる質問から、何から何まで全て英語で対応。正直、なかなかに疲れた。f:id:masafreestyle:20171118185351j:plain
まとまりないから集合写真は一切ない笑




…と事実だけを書き記すと「6人にコキ使われた」とか感じられるかも知れないが、実際はそんなことはなくむしろメチャクチャ楽しかった。楽しさに加えて意図せず「信用の貯金」が出来ていたらしい。2016年11月から始めた世界旅行の特に後半でそれを実感する事となった。




例えばチリで。一緒に浅草観光をしたフアンロは首都サンティアゴに住んでおり、空港への迎えに来てくれた。しかも5日間も宿と飯の世話をしてくれた。観光地や彼の仕事場の案内もしてくれた。f:id:masafreestyle:20171118185016j:plain
ケーブルカーにて展望台へ




例えばルクセンブルクで。これまた一緒に浅草観光をしたスベンも空港まで迎えに来てくれた。ドイツ国境に近いヴィアンデン城にも連れて行ってくれた。f:id:masafreestyle:20171118184931j:plain
イケメンのスベンと




例えばベルギーで。浅草案内をした訳でもなく、むしろ当時ホテルの同室に泊まらせてもらったりと世話になってばかりのソフィアン。それでも「よく来てくれたな!」と言ってくれたし、昔話から近況に至るまで色々と話した。f:id:masafreestyle:20171118184854j:plain
彼のストリートパフォーマンスにて@ブリュッセル




フリースタイルフットボール界では「泊めてよー」「いいよー」が気軽に言い合える雰囲気だ(と思ってる)けど、世間一般からしたら奇妙で特殊な事らしい。まして1度会っただけの世界レベルの海外選手にSNSで連絡を取って会いに行けるフランクさ、最高かよ。フランクすぎて1回も会った事なくてもたぶん泊めてくれるけど。笑
まあそれにしたって「信用してもらえる関係性」を作っておくことは大事でしょう。日本ではもちろんのこと、何も知らない異国の地で「信用貯金」はハチャメチャな威力を発揮することになりますよ。





【私のホームページはこちら↓】
https://masatostyle.jimdo.com/

Instagramはこちら↓】
https://www.instagram.com/masato.style/

【親善大使を務めるグアテマラYouTube映像はこちら↓】

www.youtube.com