グアテマラの歩き方by旅するフットボーラ―masato

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。退職後は治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち、1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンス・子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

ルール変更によりマチュピチュ遺跡観光にはガイドが必須?! 2017年9月下旬に行った僕が解説





結論、必要なかった。ただし今後は不明なので要注意。
f:id:masafreestyle:20171108235127j:plain
雲がかったマチュピチュ



ペルーの省庁(確か文化省)より「2017年7月1日よりマチュピチュ観光の際には観光ガイドの同行を義務付ける」との発表がありました。当時メキシコに滞在していた僕はこの情報をネットで見つけ大変な不安に駆られました。「どこでガイドを雇えばいいんや?」「ガイド料はいくらが相場なんや?」と。2ヶ月以上この「マチュピチュにガイドは要るのか問題」に胸をキリキリさせられたのです。



そんなキリキリにキリキリをかさねた胸を引っ提げて2017年9月26日にマチュピチュを訪れましたが、ガイドなんていなくても1人で入場可能でした。この長期間に渡るキリキリを返して欲しいですね。f:id:masafreestyle:20171108235458j:plain
入口の様子



ただしこれは中南米の国全般に言えるのですが、例え政府からの発表でも一度作ったルールが機能していなかったり、訳分からん新ルールがいきなり適応されたりという事がしょっちゅう起きます。奴らの適当さはマジで旅人泣かせです。中南米の旅行途中にマチュピチュに行くならまだ情報入手は容易なものの、日本から直接ペルーに飛んだにも拘らず遺跡に入場できず日程的に諦めざるを得なかったとか悲惨すぎます。僕がガイドなしで1人で入場できたのはラッキーだっただけかも知れません。係員によって対応が違うとか普通ですしね。



なので、これからマチュピチュに行かれる方は最新の情報を収集して下さい。ペルー側の思う壺で腹が立ちますが、保険を掛ける意味でマチュピチュ観光時には前もってガイドを依頼しておくとよいかも知れません。南米に限った話ではありませんが、何が起きるか分からないのが旅だと思います。これからマチュピチュに行かれる皆さんへ幸あれ!




【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/ 
twitter
https://twitter.com/masatonstyle
instagram
https://www.instagram.com/masato.style/
YouTube

www.youtube.com