フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

ウユニ塩湖について日本人の大誤解「鏡張りは雨季だけ」なんて大嘘!





2017年10月撮影f:id:masafreestyle:20171007095520j:plain完全なる鏡張り



日本人に超大人気の観光スポットである南米はウユニ塩湖(ボリビア)に先日行ってきました。午前3:30出発の星空&日の出ツアー(115ボリビアーノ・約1800円)に参加したのですが圧巻の美しさでした。ネット等で幾度となく見てきたにも関わらず、実際に自分がその場にいるとやはり特別な気持ちになります。



しかし!ここで!おれは思ったことがある!ウユニ塩湖について我々は騙されていると!〇球の歩き方をはじめとするガイドブックやネット情報には「鏡張りの絶景は12月~3月の雨季に現れる」と書いてあります。おい大嘘じゃねーか!けんじゃねーバカ野郎!乾季の10月だけど水張ってたわ!ペルーやコロンビアで出会った旅人は7,8,9月に鏡張りを見た人もいました。ツアーを利用した地元旅行会社によると「え、鏡張りは通年見れるけど?笑 その年の降雨量にもよるけどほぼいつでも観察可能。なぜなら私達が水の張ってる場所を知ってるからね!(ドヤ顔とともに)」だそうです。ウユニ詐欺とでも言いたい気持ちです。



年間を通してほぼ観察可能にも関わらずなぜか「12月~3月の雨季のみ」ということになっているのです。様々な思惑・クレーマーにびびる日本社会(雨季以外に旅行して鏡張りを見れなかったら客から文句言われる)等に想像が及びますが、とにかく何が言いたいかというと「12月~3月の雨季以外でも大抵大丈夫」ということです。そりゃ雨季の方がより広大な範囲に水が張っているとは思いますが、10月でも冒頭のような写真は撮れますよ。僕は今回は乾季の真っ白な景色を見れればいいやと思っていたので得した気分になりました。



このブログを書くに至ったのはサラリーマン時代の「12~3月(雨季)に南米旅行なんて不可能じゃねーかよ…」という嘆きからであります。日本企業における年末・年度末がいかに忙しいかを僕は知っています。そんな時期に「ほいじゃ有給使ってちょっくらボリビア行ってきま~♪」とか死んでも言えない雰囲気ですよね。皆さんの勤務先が僕が過去勤めていた暗黒ブラックホール企業ほどではないにしても、やはり年末・年度末に南米まで旅行はしにくいと思われます。



年末・年度末の繁忙期を終えてからでもウユニ塩湖の絶景を楽しめる可能性は大いにありますよ、ウユニ詐欺に引っ掛からないで下さいという提言でした。※このブログを見て例えば6月に行ったのに鏡張りを見れなかったとかいうクレームは受け付けません。あなたの運次第です。



【私masatoのホームページ↓】
https://masatostyle.jimdo.com/ 

Instagramはこちら↓】
https://www.instagram.com/masato.style/

ボリビア・ウユニ塩湖のYouTube映像はこちら↓ 】