トリリンガル&フリースタイルフットボーラーmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

キューバ入国時に海外旅行の保険加入状況を証明できないとムダ金払うことになるぜ





はい、タイトルのまんまです。キューバ入国時に3000円もムダ金を払った男が解説します。飛行機が空港に到着しイミグレーションへ向かいますよね。事件はここで発生します。イミグレーションの顔キツめの姉ちゃんに滞在期間等の一般的な質問をされました。最後に「Seguro medico?」(セグーロ メディコ?)と聞かれましてこれが地雷でした。



「クスリ・麻薬を持ってるか?」と聞かれたと勘違いし「No」と即答しました。実はこれ「保険に加入しているか?」という質問だったのです。おれ加入してる~!!!!!めっちゃ加入してる~!!!!去年から加入してる~!!!!スマホで加入状況の証明もできる~!!!
だが時は既に遅し。姉ちゃんに指示されたカウンターへ向かい約2400円も支払うハメに。しかもキューバの通貨なんてまだ持っていない状況なのでメキシコペソで約3000円を払いました。もちろんペソのお釣りなんて返ってきません。釣りくらいもっとけバカヤロー!



事前に知っていたのに…もう全てに絶望しました。自分のスペイン語力にも、姉ちゃんのもとに戻らなかったことにも、もう何もかもに。しかし、これはキューバでの過酷な日々の序章に過ぎなかったのです…



「Seguro medico?」(セグーロ メディコ?)の質問は全員ではなくランダムで聞かれるようです。もしこの質問をされてもドヤ顔で保険の加入状況を証明できるよう準備を怠らないで下さい。じゃないとおれみたいにクソ無駄金を払うことになるからね!気を付けてね!



【私masatoのホームページ↓】
https://masatostyle.jimdo.com/ 

twitter↓】
https://twitter.com/masatonstyle
instagram↓】
https://www.instagram.com/masato.style/

キューバの映像↓】

www.youtube.com