グアテマラの歩き方by旅するフットボーラ―masato

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。退職後は治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち、1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンス・子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

メキシコの豪快肉料理「バルバコア」は世界の誰もが知るアノ料理の語源だぜ





昨日に引き続きウツィリテペックでのメキシコ食体験です。f:id:masafreestyle:20170712062840j:plain
完成時の様子



この日のメインディッシュは「バルバコア」という肉料理。地面に大きな穴を堀り、敷き詰めたマゲイ(テキーラ・メスカルの原料となる植物、和名は竜舌蘭)の上にヤギの肉(恐らく丸まる一頭分)を敷き、更に上からマゲイを覆い被せて蒸し焼きにしていきます。f:id:masafreestyle:20170712063050j:plain
蒸し上がったので上に覆い被さる熱々のマゲイを引っぺがします



マゲイの葉の間から蒸されたヤギ肉の塊が姿を現すと野性味あふれる肉肉しい匂いと共に、マゲイのほのかに甘いかおりが辺りに立ち込めます。恐らくテキーラの製造工程でも同じ匂いがすると思われます。大きな肉の塊をナイフで切りながら青い容器に次々に放り入れる姿は豪快そのもの。蒸したての肉を薄皮のトルティージャに挟んで頂きます。f:id:masafreestyle:20170712064450j:plain
う、うんめ~



肉を敷いていたマゲイの下には鍋が置いてあり、スープに滴り落ちる肉汁を加えていきますf:id:masafreestyle:20170712064904j:plainこの日はコンソメスープでした。血で赤い訳ではありません、元からこういう色です



鍋の下には炭と石が敷き詰められていました。f:id:masafreestyle:20170712065233j:plain



前置きが長くなりましたが、このバルバコアという肉料理はバーベキューの語源です。本来のバーベキューは蒸し焼きなんですね。現在のアメリカ・テキサス州近辺に暮らしていたカウボーイ達にバルバコアが広まり、蒸し焼きからと焼きへと変化し発音も英語化して「バーベキュー」となりました。



またしてもメキシコ料理に驚かされたmasatoでした。




【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/ 
twitter
https://twitter.com/masatonstyle
instagram
https://www.instagram.com/masato.style/
YouTube


------------------
僕の活動紹介冊子・masatoマガジンを
無料配布中です(B5サイズ 8ページ)

f:id:masafreestyle:20180819184745j:plain

お申し込みはこちらのフォームより
宜しくお願い致します↓
https://ws.formzu.net/fgen/S65746064/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー