フリースタイルフットボーラー&トリリンガルカメラマンmasatoのブログ@中南米放浪中

英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語でフリースタイルフットボールを教えられる世界で唯一の男です。プロフィール写真撮影もしています。

巨大ピラミッド頂上からの眺めは絶景!メキシコの世界遺産テオティワカン遺跡





ラテンアメリカ最大級の都市遺跡と称される、メキシコの世界遺産テオティワカン遺跡」へと行ってきました。見どころは超巨大な石のピラミッドです。f:id:masafreestyle:20170625122742j:plain



この「太陽のピラミッド」は一辺が225m・高さ65mもあるそうです。写真に写っている人の大きさから如何に巨大な建造物かがお分かり頂けるでしょうか。このピラミッドには登頂が可能です。頂上からの眺めはこちら。f:id:masafreestyle:20170625123218j:plain



ピラミッドていうかまじで山でした。頂上は風が気持ち良かったです。「太陽のピラミッド」の先には「月のピラミッド」がそびえています。f:id:masafreestyle:20170625123459j:plain



遺跡中にはサボテンが沢山あり「まさにメキシコ!」ですf:id:masafreestyle:20170625132515j:plain



ひたすらに一本道を突き進みます。この道は「死者の道」というのですが高地(標高約2300m)の乾燥した気候に加え、強烈な日差しが降り注ぐのでそのネーミングにも納得でした。長さ2kmに渡る「死者の道」の果てにある「月のピラミッド」からの眺めはこちら。f:id:masafreestyle:20170625124028j:plain



長い道のりをよく歩きました。ピラミッド以外にも、細かい装飾が施された神殿・古代のレリーフが今なお残る神殿があります。f:id:masafreestyle:20170625124701j:plain



最も驚いたのは、何と最近まで200日間を過ごしたグアテマラの国鳥ケツァールが古代のレリーフとして用いられていた事です。これにはテンションが上がりました。ケツァール見えますかね?f:id:masafreestyle:20170625125005j:plainf:id:masafreestyle:20170625125032j:plain



ペンギンに見えなくもないですがケツァールです。首都からのアクセスも良好なのでメキシコやスペイン語初心者でも1人で行けると思います。アクセス等は下記参照。



・アクセスーメキシコシティ北バスターミナル(地下鉄の駅から直結)よりピラミデ行きバスに乗車。所要1時間程度。バス料金片道50ペソ(約300円)、往復100ペソ(約600円)
・入場料ー70ペソ(約420円)
・公開時間ー9:00~17:00(もっと早くから入れるっぽい)
・注意点ー帽子、サングラス、飲み物など乾燥と暑さへの対策必須。puerta(入口)1から入場し、puerta3からバスで帰るのが良い。バスの運転手に確認しないと町まで行ってしまう。遺跡内には野良犬がいるので気を付ける事。



お隣の国グアテマラにも石の巨大ピラミッド世界遺産ティカル遺跡があります。こちらも超お勧めです。

masafreestyle.hatenablog.com