グアテマラの歩き方by旅するフットボーラ―masato

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。退職後は治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち、1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンス・子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

1年間ほぼ毎日ブログ更新を続けた僕が考えるブログを書き続ける3つのコツ





ブログを書き始めて早くも1年が経過しました。365日間にいつのまにやら360記事も書き溜めたようです。開始当初は「果たして何日継続できるのか」と思っていましたが、今では書かないと何となく気持ち悪く感じるまでになりました。なぜ僕が1年間ほぼ毎日ブログを更新出来たのかを振り返り、連続更新の3つのコツをお伝えします。



①毎日書くと決める
→書くと決めたら書くしかないのです。やるかやらないか、2つに1つです。たかだかブログです。せっかくブログを開設したのならやりましょう。僕の場合開始当初は退職して間もない頃で、かなり時間があったというのも大きいですが。



②下書きのストックを複数用意する
→個人的にはこれが一番大事だと思っています。ちなみに、今日のこの記事が下書きとしてストックされたのはいつだと思いますか?約2か月前の3月13日です。そんな頃から仕込んでいたのです。今現在も下書きとしてストックしているタイトルは30以上あります。下書きのストックはブログが書けずに悩む全ての人を助けます。
下書きといってもそんな大それた物でなくて構いません。「タイトル案+単語の羅列」で充分です。それだけ見返せば思い出せますから。



③すぐに書き終わるネタを用意する
→僕の場合「今日の1枚」というシリーズです。例えばこれ。過去の印象深い写真を1枚貼り付け、簡単にコメントを残すというもの。こんなもん10分もかからずに書き終えることが出来ます。非常に楽です。ただしこればかりでは読者は飽きます。
※過去最高のヒットを飛ばしたこちらは20分ほどで勢いよくダーっと書きました。時間を掛ければ掛けるほど読まれると思ったら大間違いです。むしろ頑張って書いたものほど読まれない傾向にあります(苦笑)



ブログは色々と遊びながら実験ができ、反応を見ながら分析し、改良を加えることが出来る面白いツールです。開始当初は「退職した勢いで始めたブログ」というブログタイトルでしたし。良質で人の役に立つブログが世間にたくさん出回りますように!