トリリンガル&フリースタイルフットボーラーmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

対人関係に悩む人はもっと場所を変える努力をした方がいいー旅人的処世術のススメ





対人関係の悩みとは全て、実は対人関係の悩みではなく「居場所の問題」だと最近考えている。



対人関係の悩みが「そこにある」前提に話が進んでいくのだが、そもそも馬が合わない他人と関係を持ち続けている事が愚かしい。言うなれば「わざわざ問題が引き起こる場所にあえて身を置いている」ように感じられる。それはまるで「押すなよ押すなよ」と言っているダチョウ倶楽部だ。そこにいたらそりゃ熱湯の浴槽に押されるがごとく問題が起きますよ。



ではどうすればいいか。
身軽にフットワーク軽く移動できるよう機動力を上げた方がいい。会社や上司がムカつくなら辞めればいい。パートナーと上手くいかないなら別れればいい。迷惑な隣人がいるなら引っ越せばいい。イジメられているなら学校に行かなければいい。僕は病院送りになるまで超長時間労働をさせて残業代を支払わないクソッタレさっさと倒産しちまえボケナス漆黒のブラックホール企業を辞めて、フットワーク軽くグアテマラに来ましたよ。



「そんな簡単に行くわけないだろう!お金はどうするんだ!無責任なことを言うな」と?それはあなたが本気で問題を解決したくない気持ちの現れでしょう。その発言はそこまで深刻な問題じゃないって証拠だよ。だって本気で解決したかったら何でもするだろ?おれがグアテマラに来たみたいにさ。



5歳児でも分かることが分からない、いや分からないフリをしたりそれらしい言い訳ばかりしやがる大人におれは辟易している。いい年した大人なんだから自分の人生は自分で決めなさい。




【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/freestylefootball/
twitter
https://twitter.com/masatonstyle
instagram
https://www.instagram.com/masato.style/

YouTube
youtu.be