読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリースタイルフットボーラー&トリリンガルカメラマンmasatoのブログ@グアテマラ滞在中

世界で唯一英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語でフリースタイルフットボールを教えられる男です。プロフィール写真撮影もしています。

トリリンガルの僕が考える外国語習得を早める3つの技術





ブログタイトルにもありますが僕は3か国語をペラペラに話します。TOEIC(なんぞで英語力は表現できませんが)875点ですし、スペイン語でフリースタイルフットボールを子供達に教えています。そんな僕がいかにしてトリリンガル(三ヶ国語話者)になったのかを思い出しながら、外国語習得を早めるために重要な3点を考えてみました。



①恥ずかしがるな/プライド捨てろ
→これ一番大事です。年を重ねれば重ねるほど難しいんですけどね。くだらんプライドは習得を遅らせるばかりか、例えば複数人での食事等の機会があったとしても「あいつノリ悪いから誘うのやめようぜ」と仲間内から外されてゆく事になります。一緒にいてつまらない奴をわざわざ誘いませんよね。失敗無くして「読み・書き・聞く・話す」が出来るようになるハズがありません。恥ずかしがらずに失敗し、素直に教えて貰う事で早く外国語が習得できます。間違えたらテヘペロしときゃいいんです。そういう人は可愛がってもらえます。



②声に出して読め
→その日のノート・学習内容を夜寝る前に読むことを勧めます。「読む」というより「音を耳に聞かせる」イメージです。まず記憶に定着しやすいです。そしてどうしても不足しがちな「話す」という分野を補えます(授業形態にもよりますが。ぼくはここグアテマラで5か月間ずっとマンツーマンなので授業中もすげー話してます)



③彼氏/彼女を作れ
→これは番外編ですが、一番の近道かつ確実に外国語を習得できます。ん?話せるようになったら彼氏/彼女を作ろうだと?バカ!寝ぼけたこと言ってんじゃねえ。何も話せない内に作るから絶大な効果があるんじゃねえか。そういう人達を今まで何人も見てきました。一番オススメな技です。



いつまでたっても英語さえ話せない日本人。外国語話せると世界がガラッと変わるんですけどね。平成になって30年近く経つことだし、そろそろこの状況変えていきましょうか。