フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

国鳥ケツァールの観察スポットその2 ケツァルテナンゴ県「ロマ・リンダ」





グアテマラ滞在5か月を超え2度目のケツァール観察に成功しました。f:id:masafreestyle:20171227122548j:plain
雄の長い尻尾は美しい



雌はハトみたい(笑) f:id:masafreestyle:20170425094923j:plain
虫くわえてました



巣はこんなん。3つ目の穴から見えてる白い毛は恐らく子供のものf:id:masafreestyle:20170425130252j:plain
ケツァールは常につがいで行動します。今回は先に雌を発見したので雄の登場をひっそりと待っていました。15~20分ほどで雄が現れました。



前回とは違い、飛び回る野生の姿そのものを観察できました。それもそのはず、今回は何と2時間も山登りをしなければならない秘境へ行って参ったのです。グアテマラ国民はおろか地元民にさえ認知されていないスポットです。



グアテマラ西部ケツァルテナンゴ県(シェラ)エル・パルマール市内にある秘境ロマ・リンダ。ネットはおろか電話さえまともに通じないど田舎です。そんな環境なもんでケツァールも伸び伸びと生活していました。道中もびっくりやったで。



バナナ生い茂るジャングルを越えf:id:masafreestyle:20170425122813j:plain



連なる山を望みf:id:masafreestyle:20170425122927j:plain



葉っぱにまみれて突き進みますf:id:masafreestyle:20170425123104j:plain



一筋縄ではいかないぶん、飛び回る野生のケツァールを目にした瞬間は大きな感動に包まれます。地元民にさえ認知されていない秘境でのケツァール観察はいかがでしょうか。



【ロマ・リンダまでのアクセス】シェラ→レウ15Q、レウ→ロマ・リンダ10Q
【ツアー代】1人50Q、3人以上で申し込むと1人35Q
【注意点】全く整備されていない自然の山を登るので道中トイレなし。虫に刺されるので長袖・長ズボン・虫よけスプレー必須。防寒着もあった方が良い。ホテルも無い田舎なのでコネを作って地元民の家に宿泊させて貰いましょう!




【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/ 
twitter
https://twitter.com/masatonstyle
instagram
https://www.instagram.com/masato.style/
YouTube

www.youtube.com