読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリースタイルフットボーラー&トリリンガルカメラマンmasatoのブログ@グアテマラ滞在中

世界で唯一英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語でフリースタイルフットボールを教えられる男です。プロフィール写真撮影もしています。

無視されたと落ち込む前にそもそもあなた人様の視界に入ってるの?





「技術より以前に人に認知してもらう必要がある」学生時代ヨーロッパでストリートパフォーマンスの旅をしていた頃の自分に言ってやりたい言葉です。当時の僕はほとんど稼ぎを得られず中々に落ち込んでいました。おいおい勘違いすんな、下手くそ以前にお前は通行人に見られてもいないだろって。



「無視された」という発言は一度人様に認知された人間の発言です。認知される以前の段階にあるあなたは、言うなれば空気と同じなのです。そう、無色無味無臭。いやいやあんたのことなんか1ミリも知らねーよ!です。世間からしたらあなたは通行人Aです。ヨーロッパの道端でその辺に転がってる石ころと同じ存在感だった当時の僕ということです。名前もないたかだか通行人Aのくせに生意気に落ち込むなって。落ち込む前にやる事は山ほどあるんだ。まずは存在を知って貰え。通行人Aから名前を持った登場人物〇〇に昇格しろ。



今の僕は、少なくともフリースタイルフットボールであれば日本から遠く離れた中米グアテマラであってもストリートパフォーマンスで現金の稼ぎを生み出せます。人の流れが読めます。集客が出来ます。
それは幾多のショーをすることで通行人に認知してもらい→技を見て貰い→失敗を重ねながら→経験を積んだからです。経験を積むためにはとにもかくにも先ず存在を認知してもらう・知って貰う事が不可欠なのです。人目もない状況で疲労感から満足を得ても駄目なんです。それは寸分違わずオナニーと完全一致でございます。



学生時代、ストリートの負け犬だった僕がここまで変われたのです。誰にでも出来ますって。集客が出来ない・誰からも相手にされていないと落ち込んでいる方は、まずは人目につく努力をされてみてはいかがでしょうか。たぶんあなたは世間から認知されていないんです。無視されたと落ち込む前にあなたは人に知って貰う・認知される必要があります。