フリースタイルフットボーラー&トリリンガルカメラマンmasatoのブログ@中南米放浪中

英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語でフリースタイルフットボールを教えられる世界で唯一の男です。プロフィール写真撮影もしています。

中南米原産の果物マラニョン(marañón)をご存知ですか?




本日昼食後、何やら得体の知れない食べ物が食卓に現れました。f:id:masafreestyle:20170316120059j:plain



こやつを目にした時はピーマンかパプリカかと思いましたが、家族に「マラニョンという果物だ」と教えて貰いました。大きさは10cm程度・触感は少し柔らかく・ピーマンの様な洋ナシの様な形状をしています。恐る恐る半分に切ると中身はこんな感じでした。f:id:masafreestyle:20170316120931j:plain



切断面からは果汁が大量に出ました。少しの甘味と強めの渋みが混じった、初めて経験した味でした。食感は柔らかめで、独特の香りが辛かったです。顔を歪めながら何とか半分食べ切りました(家族は苦しむ僕を見て大喜びしてた)



マラニョン(marañón)と呼ばれるこやつを英語ではカシュ―アップルといいます。そう、カシューナッツの果実なんです。いや~全く知りませんでした。カシューナッツってあの形のまま木に成るものだと思っていました。マラニョン(カシュ―アップル)の種子の中身を加工するとカシューナッツになります。



ここで生活していると見た事も聞いたことも無い南国のフルーツに頻繁に出会います。グアテマラにお越しの際は、市場に足を運び得体の知れない果物を見て歩くだけでも楽しいですよ。