フリースタイルフットボーラー&トリリンガルカメラマンmasato@14か国334日間の旅終了

英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語でフリースタイルフットボールを教えられる世界で唯一の男です。プロフィール写真撮影もしています。

クアレスマ(四旬節)で盛り上がるグアテマラ【昼の屋台編】




※最後に「アルマジロの肉」という刺激の強い写真があります。



日本では全く馴染みのない風習「クアレスマ」ですが、ここグアテマラでは相当な盛り上がりを見せています、少なくとも都市部では。「セマナ・サンタ」という、カトリック圏でのキリストの復活を祝うお祭りの40日前から「クアレスマ」の期間に入ります。「プロセシオン」という御輿を用いた行進をしながら毎週教会を転々とします。先々の教会周辺で屋台が軒を連ねるので、かなり賑やかな期間となります。



屋台が数百mに渡り続きます
f:id:masafreestyle:20170310104045j:plain



お決まりのトルティーリャf:id:masafreestyle:20170310111318j:plain



こちらも定番のお菓子「ティピコ・ドゥルセ」くっっそ甘いです。水必須f:id:masafreestyle:20170310111444j:plain



このスタイルも見慣れてきましたf:id:masafreestyle:20170310111648j:plain



こちらはサトウキビ。袋売りで1Q(15円)でしたf:id:masafreestyle:20170310111748j:plain



こちらがアルマジロの肉。肉というかもう解体されたそのまんま。値段は忘れましたがかなり高かったです。主にスープで食べるそうです、甲羅も全て。f:id:masafreestyle:20170310111950j:plain



ワニの肉もありました。ワニもそのまんまでした。明日は夜の屋台の様子をお伝えします。