フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

世界を変えたグアテマラ起源の3つの発明、何だか分かりますか?





マヤ文明ではありません。今日スペイン語の授業で初めて知ってたまげました。



①外国語学習アプリDuolingo
→首都グアテマラシティに生まれアメリカで学んだルイス・フォン・アン(Luis von Ahn) がこのアプリを作りました。アンは数学のスペシャリストで多くの人がDuolingoを利用すれば利用するほどこのアプリは進化していく様に設計されているそうです。よく分からんけど凄い。僕と11歳しか年が変わらないのも凄い。グアテマラコスタリカでは政府主導の下で学校の英語学習にDuolingoが採用されています。どんなアプリかはこちらのブログをご参照下さい↓

masafreestyle.hatenablog.com




②ウェブ上のセキュリティシステムCaptcha
→歪んだ数字・アルファベットを打ち込むことで、フォームを打ち込んでいるのがコンピューターではなく人間であることを認識するセキュリティシステムCaptcha。こちらもルイス・フォン・アンが開発したそうです。「Captcha ルイス・フォン・アン」でググると彼のTEDのスピーチが出てきます。



マクドナルドのハッピーセット
→これが一番の驚きでした。スペイン語ではハッピーセットをカヒータ・フェリス(Cajita feliz)と言います。Yolanda Fernandez de Cofinoという女性が考案しました。当時のマックには子供用のメニューが無く、子供達が大人サイズの巨大なハンバーガーを残してしまうのが当たり前でした。そこに着目した彼女は、玩具付きの小さなサイズの子供用メニューをカヒータ・フェリス(ハッピーセット)として思い付いたそうです。



知らない事がまだまだ沢山あります、グアテマラ。また情報を仕入れたら随時お伝えしていきます。




【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/ 
twitter
https://twitter.com/masatonstyle
Instagram
https://www.instagram.com/masato.style/

YouTube