グアテマラの歩き方by旅するフットボーラ―masato

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。退職後は治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち、1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンス・子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

国鳥ケツァールの観察スポットその1 サンマルコス県「レフヒオ・デル・ケツァール」





グアテマラにはケツァールを観察できる施設が沢山あります。今回はその中の1つであるサンマルコス県サンラファエル市のレフヒオ・デル・ケツァール(refugio del quetzal)をご紹介します。f:id:masafreestyle:20170306200145j:plain



サンマルコス県はグアテマラ西部に位置し、西はメキシコ・南は太平洋に接する自然豊かな場所です。県内には中米一の高さを誇るタフムルコ山(4202m)もあります。レフヒオ・デル・ケツァールケツァール保護区)は県都サンマルコス市からバスで30分の山中にあります。



入場料50Q(約750円)を支払い、15分ほど山を下っていきます。f:id:masafreestyle:20170306201614j:plain



敷地内には小さな滝や川があり気持ち良いですf:id:masafreestyle:20170306201807j:plain



幸運な事にすぐケツァールを発見できましたf:id:masafreestyle:20170306202009j:plain



ケツァールは常につがいで行動します。長い尾っぽを持つのは雄で、雌はこんな姿ですf:id:masafreestyle:20170306202213j:plain



入場後すぐに観察できたのでその後もバシバシ見れるかと思いましたが、2時間程度で姿を確認出来たのはこれっきりでした(鳴き声はたまに聞こえた)遭遇するのが難しいケツァールですが、とっておきの秘策があります。このガイドのおっちゃんと行動を共にして下さい。f:id:masafreestyle:20170306202855j:plain



「このおっちゃんにケツァールが寄ってきとる」と思わせるほど見つけるのが上手いです。長年の経験に裏打ちされた卓越した技に圧倒されます。見た者を幸せにするという幻の鳥ケツァール。通貨の単位にも採用されているここグアテマラにて是非ご覧ください。





【私のホームページはこちら↓】
https://masatostyle.jimdo.com/

Instagramはこちら↓】
https://www.instagram.com/masato.style/

【親善大使を務めるグアテマラYouTube映像はこちら】

www.youtube.com