フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

アンティグアの名所「十字架の丘」からの写真と登頂にお勧めの2つ時間帯





巨大な十字架から碁盤の目の様なアンティグアの街並みを一望できる絶好のスポットが、その名もずばり十字架の丘(セロ・デ・ラ・クルス)です。時計台(エル・アルコ)と共にアンティグアの観光名所となっています。f:id:masafreestyle:20170217101959j:plain




お勧めの時間帯は朝、もしくは夕暮れ時です。個人的には特に朝をお勧めします。理由は2つ。まず、排気ガスが少ない時間帯なので山がハッキリと見えるからです。昼以降は山が真っ白に霞んでしまいます。次に、観光客がほとんどいないからです。午前9時頃からツアーの皆さんが大量に現れますので9時以前がお勧めです。夕暮れ時は沈む太陽が美しいそうですが、人混みが嫌いなので僕は行きませんでした。
※ここは以前強盗の頻出地帯だったらしく日の出前に行くのは危険です。お気を付け下さい。




碁盤の目の様な街並みが、日本の京都を連想させます。カメラのジオラマというモードで撮影した写真を中心に貼りますf:id:masafreestyle:20170217114431j:plainf:id:masafreestyle:20170217114907j:plainf:id:masafreestyle:20170217115055j:plainf:id:masafreestyle:20170217115204j:plainf:id:masafreestyle:20170217115544j:plainf:id:masafreestyle:20170217115653j:plain




登頂入口にはこんな看板がありますf:id:masafreestyle:20170217121009j:plain




十字架までは少しきつい斜面を10分ほど登りますf:id:masafreestyle:20170217121142j:plain




丘の右側には噴火中の火山が見えますf:id:masafreestyle:20170217121539j:plain




十字架の丘はアンティグアはおろか、グアテマラの中でも超有名なスポットです。強盗には十分注意して丘からの街並みをお楽しみください。








【私のホームページはこちら↓】
https://masatostyle.jimdo.com/

Instagramはこちら↓】
https://www.instagram.com/masato.style/

【親善大使を務めるグアテマラYouTube映像はこちら↓】

www.youtube.com