読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリースタイルフットボーラー&トリリンガルカメラマンmasatoのブログ@グアテマラ滞在中

高校サッカーの挫折、大学受験失敗、失恋。ネガティブまっしぐらの人生から立ち直る契機となったフリースタイルフットボール・スペイン語・英語・カメラ等について綴り、以前の自分のようなネガティブ人間が前向きになるきっかけになれば嬉しい。

タパチュラ(メキシコ)からシェラ(グアテマラ)への移動の記録。滞在期間を90日更新

グアテマラ




昨日に引き続き、タパチュラ(メキシコ)からシェラ(グアテマラ)への移動の詳細(経由地・所要時間・費用)を記します。



・12:50 タパチュラ出発、ミクロでタリスマンへ、料金18ペソf:id:masafreestyle:20170213060707j:plain

・13:30 タリスマン到着(所要時間40分)メキシコ出国手続きへf:id:masafreestyle:20170213063242j:plain

・13:45 メキシコ出国、及びグアテマラ入国手続き完了(所要時間15分)この橋の下の川を大勢の不法出入国者が往復している、エルカルメンからマラカタン行きミクロに乗り換え、料金25Q今思うと法外に高額このミクロで事件発生】f:id:masafreestyle:20170213061030j:plain

・14:15 マラカタン到着(所要30分)
事件の詳細を。このミクロの運転手は「25Qで最終目的地のシェラまで行く」と言っていたが、なぜかマラカタンで停車。「シェラまでは追加料金で150Q必要」「この街は昼間でも治安が悪いから(見え透いた嘘)ここで降ろして危険な目に遭わせたくない」「特別割引で100Qでシェラまで行ってやる」とか諸々ふざけた事を抜かしてきやがった。
「嘘つき・詐欺師・ペテン師・クソ野郎!死んじまえ、この豚野郎!」と思いつく限りの暴言を日本語で浴びせまくりミクロを降りる。イライラしつつシェラまで帰る方法を地元民に聞いて回る。まずはサンマルコスまで行けば良いと判明。時間と体力を無駄に消費してしまった。


・14:50 マラカタン出発、サンマルコス行きカミオネータに乗車、料金15Q(マラカタン~サンマルコス)。道中「魔法の塗り薬」を売るおっさんが乗り込んできて大声でセールスを始める。おっさんよりも「魔法の塗り薬」を購入する複数の乗客にビビるf:id:masafreestyle:20170213063045j:plain
こいつが魔法の塗り薬おっさんf:id:masafreestyle:20170213063441j:plain
雲と同じ高さの山道を走る。かなり寒い。f:id:masafreestyle:20170213063601j:plain
車窓からの眺めはとても良い

・16:25 サンマルコス到着(所要1時間35分)シェラ行きのカミオネータ乗り場であるクリストネグロまでミクロでミクロで移動(所要5分)料金3Q、

・17:10 クリストネグロ出発、シェラ行きカミオネータに乗車、通勤ラッシュ時の山手線もしくは埼京線並みに混み合う車内、料金10Q

・18:40 シェラ到着(所要1時間30分)日はほとんど暮れていたが無事帰って来れた

・19:00 自宅に到着、12時間以上の旅から帰宅しホッとする


・合計移動時間 6時間10分(乗換えや待ち時間含む)
・総額 53Q+18ペソ(ぼられたので15Q以上は少なく済みます)



何度でも書きますが、エルカルメン→マラカタンのミクロ運転手の様な外国人である我々の「無知という弱み」に付け込んでくる人間のクズがたむろしているのが国境(フロンテーラ)です。金額の問題じゃないんですよね。奴らはいっつもこざかしい手法を用いて金を巻き上げて小遣いを稼いでいるんです。そいつらを取り締まろうともせず、自分の懐に金を入れることだけ考えてる警察及びイミグレーションのクズ共。本当に胸糞悪い所です。国境(フロンテーラ)と書いて「無法地帯」と読みます。
ペソ⇆ケツァールの両替もトラブル続出なので、くれぐれもお気を付け下さい。



(後日追記)関連記事を貼ります