フリースタイルフットボーラー&トリリンガルカメラマンmasatoのブログ@中南米放浪中

英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語でフリースタイルフットボールを教えられる世界で唯一の男です。プロフィール写真撮影もしています。

グアテマラ乗り物体験記その4「ランチャ」




「ランチャ」とは小型高速ボートの事です。f:id:masafreestyle:20170206022751j:plain
アティトラン湖湖畔の村、サンペドロ=ララグーナの乗り場にて



料金は25Q(約370円)。ただし乗客のランク分けがあり地元民は15Q、現地で就労している外国人は20Qだそうです。サンペドロ=ララグーナ~パナハッチェル間は25分程度。想像以上に早いです。ただし昼間の時間帯は各駅停車のように各村々に停まるので1時間弱かかってしまいます。乗車前に「Directo?」と聞いて、目的地に直行するか確認した方がいいです。



ランチャの魅力は何と言っても乗車中の美しい景色f:id:masafreestyle:20170206024804j:plain
これを見る限り揺れも無く快適そうでしょ? 実際は結構揺れてますf:id:masafreestyle:20170206025138j:plain
前方の席は波の衝撃を直に受けるので後方がお勧めです。旅行者は前方、地元民は後方に座ります。f:id:masafreestyle:20170206025426j:plain
救命胴衣が備え付けられています。綿あめ親父も同乗f:id:masafreestyle:20170206025535j:plain



夕暮れ時がお勧めですf:id:masafreestyle:20170206025729j:plainf:id:masafreestyle:20170206025747j:plain
湖畔の村も見えますf:id:masafreestyle:20170206025840j:plain



ランチャの客引きの声掛けは「パナ~、パナ~」「サンマルコ~ス」等湖畔の村を連呼するのですが、時折「大麻~、大麻~」と誘ってきます。本当、そのまんま「タイマ~、タイマ~」と。湖の周りはヒッピーが多く、どこかに吸える所があるようで希望すれば連れて行ってくれます。
ランチャに揺られながら世界一美しいアティトラン湖を満喫してください。