読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリースタイルフットボーラー&トリリンガルカメラマンmasatoのブログ@グアテマラ滞在中

高校サッカーの挫折、大学受験失敗、失恋。ネガティブまっしぐらの人生から立ち直る契機となったフリースタイルフットボール・スペイン語・英語・カメラ等について綴り、以前の自分のようなネガティブ人間が前向きになるきっかけになれば嬉しい。

グアテマラにて感じる中米の外国意識~北を羨み南を見下す

グアテマラ

 

 

 

ここグアテマラニカラグアホンジュラスコスタリカ辺りの人達は自分達の暮らす地域をセントロアメリカ(中央アメリカ)と表現します。そのセントロアメリカの人々の特徴を発見しました。自分達より北の国を羨ましがり、南の国を見下すんです。

 

 

 

例えばグアテマラ人は北方のメキシコにある種の憧れを抱き、南方のニカラグアを馬鹿にします。この意識は北米のカナダから始まります。カナダはアメリカを下に見て、アメリカはメキシコを下にみて、メキシコはグアテマラを下にみて…、と言った具合に続きます。比較的近い国同士の意識のようです。カナダがずっと南方のグアテマラを見下すかと言えばそうではありません。眼中にない、という事かも知れませんが。例えばグアテマラ人に「あなたメキシコ人?」と聞くと喜び、「あなたニカラグア人?」と聞くと怒ります。相手国にとっては失礼な話ですが事実としてセントロアメリカの人々はこの意識を持ち合わせています。

 

 

 

ちなみにこの辺りではアメリカという表現も好まれません。ノルテアメリカ(北米)・セントロアメリカ(中米)・スーダメリカ(南米)を使い分けた方が良いです。以前夕食中にアメリカ人(馬鹿女)が、何度も注意をされたにも関わらず自国を「アメリカ」と表現し続け、お母さんがキレた事がありました。お母さん曰く「アメリカというのは北はアラスカから南はチリまでの巨大な大陸の事だ。あなたの国がまるで大陸全てを取り仕切っているかのような表現はしないで欲しい」との事でした。アメリカ人の偉ぶった意識は知っていましたが、グアテマラ人のこういった意識は新鮮であり驚きでした。普段温厚なお母さんがあそこまで強く言うのを初めて目にしたからです。

 

 

 

多くの日本人はグアテマラ人とニカラグアを人の区別など出来ませんが、こちらの人達にとってはそれは大問題なのです。いや、そんならアジア系の顔を見たらチノ(中国人)で一括りにすんじゃねーよとグアテマラ人に説教をたれるmasatoでした。