グアテマラの歩き方by旅するフットボーラ―masato

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。退職後は治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち、1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンス・子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

グアテマラチャンピオンから「一緒に練習したい」と言われた~日々コツコツと発信を続けた結果

昨日、フリースタイルフットボールグアテマラチャンピオンBullから「お前と一緒にボールを蹴りたい」とfacebook経由でメッセージを貰った。Bullは僕が住んでいるシェラからバスで5時間ほどの首都グアテマラシティに住んでいるので、お互いに日程調整が必要だが嬉しかったし驚いた。彼は日本で知名度ゼロとはいえ、一国のチャンピオンの目に留まったのは光栄だった。少し古いが彼の動画はこちら↓

www.youtube.com




今回はfacebook経由だったが、ブログ・instagramtwitter等でも同じだ。あなたの投稿をいつどこで誰が見ているか分からない。何がウケるかも分からない。だからこそ、日々コツコツと発信を続けていると今回のような思いもよらないラッキーが起きる。
知名度のある著名人ならわざわざ自分から発信しなくても構わないだろう、世間から追っかけてもらえるから。しかしほとんどの人は僕と同じく知名度ゼロだと思ってまず間違いない。そんな我々でも幸運な事にヒットを打てる可能性がある時代に生きている、継続さえしていればね。



「自分は発信する情報など持っていない」と思われる人も多いと思う。僕もそう思っていた。しかし、数十年間生きてきたのなら必ず人の役に立つ情報を知っているはずだ・経験をしているはずだ。それを人の役に立つような形に変換して発信すればいい。



ネットがここまで発達し、無料で使えるツールも豊富な現代においてこれらのチャンスを利用しないのは非常に勿体ない。「どんなラッキーに遭遇するのかな」とワクワクしながら情報発信を楽しんで欲しい。