読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリースタイルフットボーラー&トリリンガルカメラマンmasatoのブログ@グアテマラ滞在中

世界で唯一英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語でフリースタイルフットボールを教えられる男です。プロフィール写真撮影もしています。

なぜ日清カップヌードルがこんなに不味いのだ!-グアテマラ通信

年越し蕎麦を食べ損ねた代わりに「年明けたカップ麺」を先日食べましたmasatoです。日本人ならではの季節の行事を大切にしようとする僕の気持ちを、見事に打ち砕いたグアテマラカップヌードルをレポートします。



値段は3.5Q(53円)容量は64g、Made in Mexico、見た目は変わらないのに…f:id:masafreestyle:20170115010017j:plain
海老(カマロン)と鶏(ポジョ)の2種類f:id:masafreestyle:20170115010211j:plain
サルサソースが付いてるf:id:masafreestyle:20170115010602j:plain



僕が不満だったのは下記3点です。
①麺が短い
すすれねーよ!おれはツルっといきたいんだよ、ツルっと!

②スープが薄っい
しょうゆ味のスープを期待していた僕が馬鹿でした。サルサソースを加えないと本当に味が薄いです。特に鶏(ポジョ)は。

③具が少ない
パッケージの写真の様な具だくさんの出来上がりを期待していた僕が馬鹿でした。麺を食べ終わってようやく残骸・カスの様な具が姿を現します。海老(カマロン)はまだマシでしたが、鶏(ポジョ)は悲惨でした。本当にカスみたいな物体が浮き上がってきました。

結論→もし食べるなら海老(カマロン)一択



日本版と似た味を期待していたが故に、現実との落差が大きく落ち込みました。
しかし日清食品の努力が垣間見れるという捉え方も可能です。日本人ではなく現地人に好まれる味に仕上げている?(真偽の程は不明)、低価格で販売するために質を落としている、容量も10gほど減らしている、等ですね。



帰国したら本家カップヌードルを食べたくなりました。