フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

超簡単!海外で面倒くさい押し売り野郎、しつこいナンパ野郎を撃退する方法





相手の理解できない言語を話せばいい。



グアテマラ人で日本語を理解できる奴はほぼ皆無だ。そんな中、勇敢にも僕に押し売りを仕掛けてくる輩にはこんな感じで対応している「は?おめー何言ってんだコラ?そんなもん要らねーからさっさと消え失せろ。目障りなんだよバカ野郎、2度と話しかけてくんなシッシッ」と日本語で、ゴミを見るような視線を送りながら。本当はあいつらが何言ってるか全部分かるんですけどね(笑)



流石に言葉の通じない外国人と話すのは疲れると判断するようだ。即方向転換していく。あなたも海外でこれくらい日本語で言っておけば奴らは目の前から消えるだろう。効果抜群だ。少なくともここグアテマラでは100%撃退出来ている。ここまで撃退出来てしまうと「もっと手強い奴は居ないのかな」と倒錯した気持ちにもなる(笑)



「海外にいるんだから相手の国の言葉で話さなくては」とか馬鹿真面目な事は一切考えなくて良い。相手の国の言葉を一言でも発したら負けだと思った方がいい。少なくともしつこい野郎共に対しては。イケると思われたが最後、調子ぶっこいてグイグイ来るぞ。



以前の僕は愚かにも「相手の国の言葉で話さなくては」と考えていたのだが、ある時気が付いた。あのクソ共をまともに相手してるから疲れるのだと。それ以来この技を実践している。ただし奴らが興味を引く面白い物を出したりしてきたら、いきなり相手の言語に切り換えればいい。この急な方向転換も結構楽しい。使用言語は相手を見極めて旅行をお楽しみ下さい。ゴリゴリの日本語押し、お勧めですよ。あっ、もちろん男前や美女には相手の国の言葉を使うべき。



今のところグアテマラでは500%「ニーハオ」と声掛けられます。この国に限った事ではありませんがやはり気分が良いものではありませんね。いちいちこんな些細な事でイライラしてもしょうがないのですが「うっせー!てめーぶっこ〇す!」と毎度返答している大人気ないmasatoです。




【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/ 
twitter
https://twitter.com/masatonstyle
instagram
https://www.instagram.com/masato.style/
YouTube