グアテマラの歩き方by旅するフットボーラ―masato

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。退職後は治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち、1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンス・子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

海外旅行する日本人女性が絶っ対に知っておくべき事

日本人の女となら簡単にセックス出来る。
残念ながらこれが世界の共通認識です。



現在ホームステイ中の家にはあらゆる国の学生が・男女問わず・幅広い年齢で・入れ代わり立ち代わりでやって来ます。そんな環境で皆揃って食事をするので自然と各国の事情が話題になります(礼儀も遠慮もしらない実にアメリカ人らしいアメリカ人女が爆弾発言をして激しい論争が起きました@今日の夕食)
そこで日本について知っているものと言えば定番の「スシ・スキヤキ・テンプラ・サムライ・ニンジャ…」と来るのですが、必ずゲイシャ」(芸者)も含まれています。そして彼らの認識ではゲイシャとは簡単にセックスさせてくれる日本人女性の事で、今もその伝統が生きていると本気で思っています。
新入りが来るたびにゲイシャが話題に上り、飽き飽きすると同時に本当に胸糞悪い話です。本当にショックです。もちろんその都度誤りを正しています。



ここグアテマラという、はっきり言ってド田舎のクソ辺鄙な国にまでゲイシャという言葉が広まっているのです。スシとかトヨタと並んでゲイシャが出てくるんですよ?この気持ちお分かり頂けるでしょうか?
遥か東洋の異国のロマンという歴史的イメージに加えて、過去世界を旅した日本人女性達が強くNOと言えなかった事もゲイシャが世界的な単語になってしまった理由だと想像します。



現在ここグアテマラにて「ゲイシャ(という誤った認識の)撲滅運動」並びに「日本人女性は誰とでもセックスする訳じゃねーぞ」と布教活動をしております。しかし僕一人では活動に限度があります。なので、これから海外旅行をされる日本人女性にもご協力頂きたいのです。「はっきり・きっぱりNOと言う」これだけ忘れず旅をお楽しみ下さい。



最後にもう一度言いますが「日本人の女となら簡単にセックス出来る」「日本人の女はゲイシャなんだろ」これが世界の共通認識です。