グアテマラの歩き方by旅するフットボーラ―masato

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。退職後は治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち、1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンス・子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

「宜しくお願いします」と締め括れば伝わると思ってる馬鹿へ

時間・場所・金額・参加人数…、必要な情報を欠いて「宜しくお願い致します」で一方的に終わらせるな。



あんたの中では完結してるかも知れないけど、こっちは全然完了してねぇんだよ。知りたい情報はどこにあるのだ。なぜこちらが迷子にならねばいけないのだ。何この一方通行感。無駄な確認作業が増えるじゃねーか。



具体的な要件・依頼内容が分からないままに「宜しくお願い致します」と締め括られても困る。困るし不快な気分になるし気持ち悪いし頭悪い馬鹿だなと思う。「そっちで勝手に解読してね」「ほど良い感じによろ!」と言われてるのと同じで気分が悪い。



文末の「宜しくお願いします」は結構な破壊力を持っていると思っておいた方がいい。