フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

自分の行動力の源を感じた母からの言葉

「嫌になったらすぐ帰って来ていいよ」グアテマラ出国を前日に控えた今朝、母親から何気なく言われた。

 

 

自分には帰れる場所があるという安心感から、会社辞めたりほぼ何も知らない国に行こうとしたり思い切った行動出来ているのだと分かった。きっと親にとって僕はいつまでもヨチヨチ歩きの子供と変わらぬ存在なのだろう。親の有り難みを強烈に感じた瞬間だった。それと同時に、自分も子供の生き方を見守ってやれる親になりたいとも思った。

 

 

ところで今更になって気が付いたのだが、正月に家でお雑煮を食べられないじゃないか、おれ!自分で決めた事とはいえ何てこった!という訳なのでお正月にケサルテナンゴへお餅を持参してくれる方を大募集しております。

 

 

そんな出国前日であります。