トリリンガル&フリースタイルフットボーラーmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

世にはびこる「お疲れ様です」馬鹿について

こちとらテメーらみてーに柔じゃねぇんだ、少しも疲れてねーよバーカ。出会い頭にてめぇの口からそのテンプレートを聞く事で疲労が蓄積されてくわ。何で朝からお疲れ様なんだよ?喧嘩売ってんのかおい?頭に血を上らせる血管への新手の攻撃かそりゃ?あ?
…と思ってる人が一定数おりますよ。



人に会うたび、それこそ条件反射のごとく「お疲れ様です」と言っている人間がいる。結構多くいる。学生ならまだ許せるわ、馬鹿で可愛らしいなと。耳障りだけど。でも社会人になって尚「お疲れ」しか言えないとか…残念極まりない。
人との出会い頭に自分は普段何て言ってるか思い返すと、歳が近い人には「おっす」とか「うっす」て言ってますな。年上の人には「こんにちは」ですな。



別にどーでもいいと思いますよ、お疲れ様です馬鹿でも。でも、少なくともその言葉が嫌いな人は確実にいます。自ら進んでわざわざ嫌われにいかなくてもいいでしょう。疲労が予想される人にその言葉をかけてやってな。



言葉遣いを知らないガキだと軽んじられたくなければ、お疲れ様です馬鹿を止めることから始めれば?