フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

TOEICで高得点を取りたいなら英語の勉強をしてはいけない

TOEICで高得点を取るために必要なのはTOEIC力であって、決して英語力ではありません。だってwritingとspeakingがないんですよ?求められるのはreadingとlisteningだけです。この2つを徹底的に鍛えれば高得点が取れます。実際、TOEIC900点超えでも話せない人なんて沢山います。TOEIC500~600点でも英語でプレゼンしている人もいます。



2時間の試験をやり抜く耐久力・力を抜く時は脱力する切り替え力(2時間ぶっ通しで集中を維持する訳ではないので)・不要な文章をすっ飛ばすreading力・ダジャレのような言い回しに惑わされないlistening力、辺りが必須の能力となります。



僕は2014年4月、サラリーマン時代に会社で受けた試験で875点を取りました。
f:id:masafreestyle:20161110184927j:image
自分としてはもっといけたと思いますが、全体からしたらまあまあ上位の部類に入るでしょう。入社後にTOEICをやると事前にアナウンスがあったので、3月から約1ヶ月問題を解きまくりました。僕のように英語の基礎力がある人はひたすら問題を解くべきです。



TOEICで高得点を取るのは簡単です。あんなもんで評価されるなんて楽勝ですよ。短期間に集中してさっさと昇給なり昇進しましょう。