フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

死を想え。もし渋谷のハロウィンで無差別テロが起きていたら





タイトルの「死を想え」はカメライターのかさこ氏からお聞きした言葉だ。グアテマラ出発が迫ってきたここ最近、この言葉を強く意識している。僕は今年2016年の4月に2年間勤務した会社を退職したのだが、退職日前日に体調を崩して病院に運ばれて点滴を打った。精神よりも体が先にダウンしたのだ。意識を失った訳でもないし何とか自力で出社もできた。それでも自分が死ぬ姿をうっすらとは想像した。それと同時に絶対こんな死に方をしてなるものかと心に誓った。



知り合いの中には同い年で亡くなった仲間もいる。自分より年下で急死してしまった人もいる。若くして亡くなられた人ほど優秀だとつくづく感じる。本当に残念でならないし、ご家族の辛さは想像を絶する。だから究極的に死というのは可能性の世界だと思っている。明日、ジジババの運転する暴走車に突っ込まれるかも知れない。10分後に地震が起きて家の下敷きになるかも知れない。人は必ず死ぬが、いつ死ぬかなんて分からないんだ。



そこで渋谷のハロウィンである。僕は29,30日の2日間に渡って渋谷に行った。あんな満員電車状態の人混みで無差別テロ(銃の乱射や爆発)が起きていたら間違いなく大勢の人が死ぬだろう。派手に仮装している人ばかりで凶器なんて簡単に持ち込めると思う。人が多すぎて逃げようにも逃げられない。f:id:masafreestyle:20161031224629j:plain本当に生きていて良かった。運が良かったと思っている。でも、仮にテロに巻き込まれて死んでも最悪仕方ないなと思っていた。そりゃまだまだ死にたくはないけど、もうろくジジババに轢き殺されたり過労死するよりはずっとマシだ。過労で点滴を打った経験があるから断言できる。



僕がハロウィンを楽しめたのはそんな想いもあったからだ。見よこの表情を。f:id:masafreestyle:20161031224732j:plain人間いつ死ぬか分からない。明日死ぬかもよ?
だからこそ、死を想え。そして、行動せよ。




【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/ 

Instagram
https://www.instagram.com/masato.style/

YouTube

www.youtube.com