フリースタイルフットボーラー&トリリンガルmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

上手くなりたいなら帰れま10(テン)を実行せよ~ようこそストイックの王道へ

特定の技・流れを10回成功させるまで練習を止めない・帰らないという、ハマると抜け出せなくなる底無し沼のストイック大作戦だ。(帰れま10テンとは、お笑い芸人のタカアンドトシが進行を勤めるテレビテレビ番組のタイトル。まだやってるかは不明)

 

 

これはもう確実に上手くなる。というか、上手くならないと帰れない。ドつぼにハマった時は半べそをかきながらボールを蹴ることになる。辺りが暗くなる中で1人孤独に挑む闘いだ。フリースタイルフットボーラーなら是非1度は経験して欲しい地獄のスパイラルである。

 

 

ただし、自分にとっての難易度を見誤らない事。1回しか成功したことのない技で帰れま10を始めてしまったが最後、家族が警察に捜索願いを出すことになる。そういう時は「帰れねー4(し)」、「帰れま7(セブン)」、なんなら「帰れな~1(い)」でもいいだろう。何回でもいいし汚くてもいいから自分の決めた回数を必ずこなすこと、回数を設定したら妥協しないこと(と偉そうに言っているが何度回数を減らしたことか…)、これらを守れば上手くならない方が無理である。

 

 

 

成功したときの快感を味わうと後には引き返せない。ママに怒られないよう、不安があれば早い時間から帰れま10を始めるように。