グアテマラの歩き方by旅するフットボーラ―masato

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。退職後は治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち、1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンス・子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

Noと言えないやつには一切魅力がない

僕が最も嫌いなタイプの人間だ。意志の欠如・へっぴり腰なその姿勢・否定されたらどうしようという不安…、「嫌だ」というたったそれさえ言葉に出来ないその状態全てが気持ち悪い。お前は人間じゃなくて言いなりのガラクタ機械なのか?



心の底から喜んでイエスマンをしているなら素晴らしい。本物のイエスマンとは、Noと言う事を頑なに拒んでいる人物だからだ。だが実際は違うと思う。本当は嫌なんだけど何となく引き受けてしまったり、上司に意見できずに仕方なく従っていたり。それでいて家族・友人・恋人には愚痴ばかり。暴力を振るっているかも知れない。そんな奴は間違いなく幸せになれない。



これは男女問わず同じだ。特に女性に言っておきたいが、少しくらいワガママ言ってる方が確実にモテますよ。ワガママを言わせない男なんてダセーし、何より器が小さいんだよ。とは言いつつ「ダーリン、無人島買って♪」とか言われたら躊躇しますけど(笑)



ではどうすればいいか。答えは至ってシンプル。嫌な事には嫌だと言うだけでいい。それだけで異性からモテ、仕事は順調に回りだし、どんどん魅力が増していく。だから1日1回でもいい、きっぱりNoと言って欲しい。