トリリンガル&フリースタイルフットボーラーmasato@グアテマラ親善大使

1990年生まれ。クレヨンしんちゃんの街・埼玉県春日部市出身。常に日に焼けており歯並びが良いラテン系繊細派。さいたま市立浦和高校→明治大学政経学部→メーカーにて人事として2年間勤務。過労で病院に搬送される等激務を経て退職する。ここで「会社に殺されるよりも世界を旅して死にたい」と決意を固めた。治安の悪い中米グアテマラへ1人で飛び立ち1年間ボール1つで中南米を渡り歩く。世界各地でパフォーマンスや子供教室を開催。現在は英語・スペイン語・日本語の3ヶ国語を自在に操るトリリンガル、グアテマラ親善大使としても活動中

何やったって絶対嫌われるから安心して嫌われればいい。絶対好かれる日が来るから。





最近つくづく思う。何をしていたって絶対に嫌われると。



朝から練習をしていたところ、通りがかりの爺さんAにこんな事を言われた。「こんな所でボール蹴ってるんじゃねえ!」と。ここ公園だし通行人の邪魔にならんところでやってるんだけどなと思いつつ「ほ~い」と聞き流していた後も罵詈雑言は続き、最終的には「死んじまえ」くらいな事を言われた。初対面の人に対して死ねなんていう奴は精神的に異常で包丁持ってきて刺されでもしたら嫌なので場所を変えて練習を再開した。



新たな場所で蹴り始めたほんの数分後、またもや散歩中の爺さんBが立ち止まった。おいおい勘弁してくれよと思いつつ、立ち去ろうとしない爺さんの言葉に嫌々耳を傾けた。その爺さんはこんな事を言っていた。「お前は凄い。ラスベガスでパフォーマンスするとか東京オリンピックの開会式で技を披露するでもいい。早くテレビに出て有名になれ」と。



音をかけてボールを蹴るという全く同じ行為に対して180度異なる反応をされた、しかもごく僅かな時間で)。大袈裟に言えば世の中の縮図を垣間見たと思っている。例えばボランティアでゴミ拾いをしていたって難癖つけてくる輩はいるだろうし、世間では容認されない行為をしても称賛される時もあるだろう。



だからただ黙々と、淡々とやっていればいい。





【masatoホームページ】
https://masatostyle.jimdo.com/ 

twitter
https://twitter.com/masatonstyle
instagram
https://www.instagram.com/masato.style/

【親善大使を務めるグアテマラの映像】

www.youtube.com